平成24年春期 午前I 共通 問19

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 平成24年春期 午前I 共通 問19
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
平成24年春期 午前I 共通 問19じょーらぶ!!*情報処理技術者試験解答解説*

システム開発の見積方法の一つであるファンクションポイント法の説明として, 適切なものはどれか。

ア 開発規模が分かっていることを前提として, 工数と工期を見積もる方法である。ビジネス分野に限らず, 全分野に適用可能である。
イ 過去に経験した類似のシステムについてのデータを基にして, システムの相違点を調べ, 同じ部分については過去のデータを使い, 異なった部分は経験から規模と工数を見積もる方法である。
ウ システムの機能を入出力データ数やファイル数などによって定量的に計測し, 複雑さとアプリケーションの特性による調整を行って, システム規模を見積もる方法である。
エ 単位作業量の基準値を決めておき, 作業項目を単位作業項目まで分解し, その積算で全体の作業量を見積もる方法である。


こぼる
「ファンクションポイント法についてぐぐったよ。
要件定義後、コーディング前に、システムの規模を算出しておくのよね。
これで出た値を何に使うんだって思ってたけど、アプリの値段とか、作業で払う金額とか決めるのか。」

ジョブりんご
「仕様書を見て、すべての動作を、
内部論理ファイル、
外部インターフェイスファイル、
外部入力、
外部出力、
外部照会
に仕分けをして、更に各項目を難易度で3段階(高・中・低)に分けて、重みを付けて値を出す。」

こぼる
「わかっちゃうと、ウなんだね。
でも、一度やってみないと用語を忘れちゃうわ~。」

ジョブりんご
「やってみろ。」

No related posts.

コメントを残す